トップ / トラブル回避のための保険

賃貸経営に必要な保険

トラブル回避のための保険

入居者に加入してもらう家財保険

賃貸経営において、入居者と賃貸契約を交わすときには家財保険に加入してもらう必要があります。家財保険とか火災保険とか言われますが、この二つは結論から言うと同じです。火災保険というくくりの中に家財保険があるからです。

この家財保険は、入居者には絶対に加入してもらいます。そうしなければ、入居者自身が不幸に見舞われる可能性があるからです。

家財保険は、色々なものをカバーしてくれます。有事の際に入居者自身の家財を補償してくれますし、何らかの事故で貸主に損害賠償が生じたときも補償してくれます。また、日常生活での損害賠償事故も補償してくれますし、それらの示談交渉もサポートしてくれます。例えば、以下のような時に補償を受けることができます。

・隣の部屋からの火事で自分の部屋も燃えてしまった時は、隣人に損害賠償を請求することはできませんが、家財保険に加入していれば、焼失した家財を補償してもらうことができます。もちろん、火災だけではなくあらゆる自然災害や、盗難・破損・汚損などに対応しています。

・自分の部屋で家事を起こしてしまい、部屋を焼失させてしまった時は、大家はただ事ではありません。原状回復を求めます。しかし、修繕にかかる費用はすべて補償してもらうことができます。

・2階に住んでいる入居者がベランダから物を落としてしまい、通行人をケガさせてしまうことがあるかもしれません。そんな時、通行人に対する治療費や慰謝料といった費用はすべて補償の対象となります。

・室内に設置した洗濯機のホースが外れていて、下の部屋の家財道具や壁紙を水浸しにしてしまったとします。そのような時には当然賠償責任が発生しますが、それを補償してもらうことができます。

以上のように、考えられるあらゆる事故を補償してくれるんですね。だからこそ、入居者には保証内容が充実した家財保険に加入してもらわなければならないのです。

© Copyright 賃貸経営者が加入すべき保険. All rights reserved.